TOP

製品情報   -product

SunShell 高分子用カラム

SunShellシリーズでは高分子用カラムとして、C18-WP, HFC-16, HFC-30, C8-30, C4-30およびC8-30HTをラインナップしています。 最適に調整された細孔径とHexa-Functional等のボンディング技術により、特にタンパク・ペプチド分析に使いやすいカラムとなっております。

HFC18とは?

hfcとは

Hexa-Functional C18 は6個の官能基を持ち、6本の足でシリカゲルに結合する形になります。6カ所のシロキサン結合により耐酸性を高めました。

高分子カラムの基本特性

コアシェルシリカ 結合相
粒子径(µm) コア径(µm) 細孔径(nm) 比表面積(m2/g) 固定相 炭素含有量(%) 結合密度 (μmol/m2) 使用最高圧(MPa) 使用pH範囲
C18-WP 2.6 1.6 16 90 C18 5 2.5 60 1.5 - 10
HFC18-16 2.6 1.6 16 90 C18 2.5 1.2 60 1.5 – 9
HFC18-30 2.6 1.6 30 40 C18 1.3 1.2 60 1.5 - 9
C8-30 2.6 1.6 30 40 C8 1.2 2.5 60 1.5 - 9
C4-30 2.6 1.6 30 40 C4 0.9 3 60 1.5 - 8
C8-30HT 3.4 3.0 30 15 C8 0.5 2.5 60 1.5 - 9
エンドキャッピングはいずれもSunniset endcapping

(※)内径4.6mmのカラムの耐圧は 50MPa, 7141psiになります。

高分子用カラムの特徴

...

C18アルキル基の結合密度が約半分となっている高分子用カラム(HFC18)は、通常のC18とは異なる分離をします。 タンパク質やポリペプチドの分離には、疎水性の高過ぎないC8やC4を用いた方が試料の回収率や分離が良いことが多く、 SunShellの高分子用カラムのHFC18も同様に結合密度を下げているため疎水性が低くなっており、良好な分離を示します。

カラム温度とグラジエント時間で分離が向上できます

温度の比較
カラム温度の比較
グラジエント時間の比較
グラジエント時間の比較

タンパク質のような高分子は拡散係数が低いため、室温では分離不十分でもカラム温度を上げることにより改善できます。 25℃ではテーリングのピークに見えるBSAは、80℃ではいくつものピークが出現してきます。

またグラジエント時間を長くすることにより、タンパク質の分離は向上します。 25℃でグラジエント時間15分から80℃でグラジエント時間35分に分離条件を変更すると、 分子量40,000以上のBSAやオバルブミンは1本のピークを8から15本のピークにすることができました。

高分子用高速分離カラム HTシリーズ

c8-30ht

SunShell C8-30HTは拡散係数の低い高分子のためにコアシェル粒子の多孔質層を薄くしました。 これによりカラム温度が低い場合のグラジエント溶離や、短時間のグラジエント溶離(ハイスループット分析) ではシャープなピークが得られます。

また、カラム温度を上げて長時間のグラジエント設定で精密分離を行う場合は、 温度による拡散速度の向上や長いグラジエント時間による分配作用により、 多孔質層が厚い方が有利になるので、従来の高分子用カラムをお勧めいたします。

温度の比較
ハイスループット分析
温度の比較
精密分析