TOP

製品情報   -product

SunShell C8

SunShell C8の概要

C8カラムは、C18では保持が大きすぎる化合物の分析に適したカラムです。

また、対象の化合物によっては選択性をほとんど変えることなく保持時間のみを短くすることを目的として使用することもできます。

C8カラムはC18と同様のエンドキャッピングにより効果的なシラノールの不活性化と高い耐久性を合わせもっています。

SunShell C8 の基本特性
粒子径 2.6 µm
細孔径 9 nm
比表面積 150 m2/g
結合層 C8
炭素含有量 4.5%
USP L 番号 L7
エンドキャッピング Sunniest endcapping
使用最高圧 60 MPa
使用pH範囲 1.5 - 9

疎水性化合物の分離、測定時間の短縮

Sunshell C8カラムは通常のC18カラムでは保持が大きすぎ、分析に時間がかかってしまう疎水性化合物に対し、SunShell C8カラムは程よい保持で分析時間の短縮を可能にします。

また、C18とほぼ同じような分離特性を持ちながら保持時間が短くなるという特徴があります。

この特性を利用して、C18カラムでは時間が掛かっていた分析でもC8カラムを使用する事で溶出順序を変えずに時間を短くする事が可能です。

...

SunShell PFP (Penta Fluoro Phenyl)

SunShell PFPの概要

SunShell PFPカラムは、高い立体選択制を有した逆相カラムです。

疎水性相互作用のほかに、水素結合性配位子相互作用、静電的相互作用およびπ-π相互作用が化合物の分離に作用します。 C18カラムと比べ、異性体分析や親水性の化合物分析に向いている固定相です。

塩基性化合物に対しては有機溶媒濃度が高い移動相条件下においても、静電的相互作用により化合物の保持を大きくすることが可能です。

SunShell PFP の基本特性
粒子径 2.6 µm
細孔径 9 nm
比表面積 150 m2/g
結合層 Pentafluorophenyl
炭素含有量 4.5%
USP L 番号 L43
エンドキャッピング TMS endcapping
使用最高圧 60 MPa
使用pH範囲 2 - 8

異性体分離が可能です

Sunshell PFPカラムは疎水性相互作用のほかに、高い立体選択性を示します。 クレゾールのパラ,メタ異性体はC18カラムでは分離できませんが、PFPカラムでは分離する事が出来ます

クレゾール異性体の分離

...

塩基性化合物(カチオン)の特殊な保持

SunShell PFPカラムは、フッ素原子の強い電気陰性度によりイオン交換に似た相互作用を示します。 そのため、C18 では保持しないような有機溶媒濃度が高い移動相においても塩基性化合物の保持が可能です。

塩基性化合物の保持比較

...

SunShell Phenyl (Phenyl Hexyl)

SunShell Phenylの概要

SunShell Phenylカラムは、芳香環を持つ化合物の分離に適したカラムです。

Phenyl基と芳香環とのπ-π相互作用によりC18とは異なった選択性を示します。 そのため、C18では分離できなかった化合物を分離することができるようになります。

PhenylカラムもC18カラムと同様のエンドキャッピングによる効果的なシラノール基の不活性化と高い耐久性を有しています。

SunShell Phenyl の基本特性
粒子径 2.6 µm
細孔径 9 nm
比表面積 150 m2/g
結合層 PhenylHexyl
炭素含有量 5%
USP L 番号 L11
エンドキャッピング Sunniest endcapping
使用最高圧 60 MPa
使用pH範囲 1.5 - 9

π-π相互作用による特異な選択性

Phenylカラムは、芳香環を持つ化合物の分離に適したカラムです。Phenyl基と芳香環とのπ-π相互作用によりC18とは異なった選択性を示します。 酢酸アンモニウムを用いたLC/MS用の移動相ではCa拮抗剤の一部の成分がC18カラムでは分離できませんが、Phenylカラムでは分離しております。

Ca拮抗剤の分離

Ca拮抗剤の分離